情報発信で使われる物 『SNS編』

どうもユキヒロです(^^)/

今回の記事は『情報発信で使われる物』について解説していきます!

SNSは皆さんなんとなくわかると思いますが、

それだけではないんですよね💦

SNSを含めて、情報発信で使われるものを紹介します(^^)/

 

 

SNS

 

まず使われるのはこれ『SNS』です!

初期費用が掛からず、登録も非常に簡単(^^)

最初に始めるならまずはこれから始めるといいですね!

 

なぜSNSが情報発信で有効なのか?

 

まず情報発信は「認知」されなければ話になりません。

認知されるだけなら、雑誌などの紙媒体でも可能ですが、

ネットと比べて利用しているユーザー数が逆転している傾向があります。

 

 

母数の違いはありますが、

『ネットの普及』が上がっていて

『紙媒体の普及』が下がっているのが分かります。

 

ネットの普及とともに、

『スマートフォン』の普及も上がっています。

 

 

ネットの普及が上がってスマホを持っている人が多い

これらのを持ったユーザーがよく利用しているのが

SNSです!

なかでも『コミュニケーション系』のソーシャルメディアがいいですね!

 

 

コミュニケーション系のソーシャルメディアは、

全世代で上昇傾向にあります!

  • コミュニケーション系のソーシャルメディア
  • Twitter
  • LINE
  • Skype

 

SNS 利用者数とユーザー層

情報発信でSNSを利用することで、

これだけのユーザーをターゲットにすることが出来ます!

一番利用数の多いLINE

月間のアクティブユーザーが8400万人!

日本人口が1億2600万人(2020/8段階)

日本に住む人の66%をターゲットにすることが出来ます!

 

もちろんすべてのユーザーに対して発信することが出来るわけではないですが、

母数が多いのは発信において非常に重要です(^^)

 

なので情報発信で主に使うのは、

上位トップ5の
・LINE
・Twitter
・Instagram
・Facebook
・TikTok

これらに加えてYouTubeを利用しましょう(^^)/

 

今回はSNSについてでした!

次回は、SNS以外に使うものについて解説します(^^)

おすすめ記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です